FC2ブログ

Quietta てづくりブログ

Author:
QUIETTA(クワイエッタ)
ミシンが好き。
ミシンで何かを作っていない日はほぼありません。
グラフィックデザイナーを経て今にいたります。
  
スポンサーサイト
テーマ スポンサー広告 | --年--月--日 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
コメント(-) | 編集



ミシン選びで妥協しない
テーマ ハンドメイドの道具 | 2015年12月21日 |

何年も前のことですが、初めて自分のミシンを買ったときの話です。

一番古いミシンの記憶は母親の足踏みミシン。
足のペダルとミシンが革ひもで繋がっているので
使うときはかすかなオイルと革の香りをかぎながらの作業でした。
わたしも中学生くらいまで使っていました。

そのうち母が電子ミシンを買ったので
大人になってからもハンドメイドをするときはこのミシンを借りてました。

だけど、もっともっとハンドメイドがしたくなってくるとどーしても自分のミシンが欲しくなる。→すぐに行動!

重視したのは
☆ミシンの重さ
☆懐の深さ
☆糸調子と縫い目の長さの調節ができること、
☆パッチワーク用の模様縫いがあること

3ヶ月ほど手芸店に行ったりミシン屋さん来てもらったりして
最終的にbrother「Innovisシリーズ」とJUKIの「HZL-F600JP」に絞り
☆デザインが好み
☆オプションで刺繍ができること
で、この子に決まり!

ミシンinovis

そこから「ミシンなんて安いので充分でしょ?」という旦那様へのプレゼンに2ヶ月…ここに一番時間がかかった(笑)
暇さえあればこのミシンと私の将来性について説き。
さらにミシン屋さんとの交渉に1月ちょっと。
ミシンを買うまで半年くらいかかりました!

それがもう7〜8年くらい前かな?
激しく使いすぎて2度ミシンの病院に入院しましたが現在もばりばり活躍しています。
あー、ミシン選びに妥協しないでよかった。

いまではもう1台JUKIのものとロックミシンを使っていますが、欲深いもので現在さらにもう一台欲しいんです!
 

スポンサーサイト

コメント(0) | 編集



てづくり雑貨 Quietta
ベビースタイやキッズ用小物のお店 育児中、ふわっと楽しくなるような手づくり雑貨をめざします
手づくり雑貨Quiettaへ
すっぴん肌ならあきゅらいず
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
2019 ©Quietta てづくりブログ  

FC2Ad

  まとめ  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。